辛い外反母趾の症状は矯正して改善|正しい歩き方や靴選び

男性と女性

諦めずに治療をしよう

足

正しい方法を身につけよう

外反母趾の症状が進み、足の親指が既に小指側に変形しているという場合、それを矯正するためにはテーピングやサポーターが使用されます。テーピングやサポーターを正しく使用することにより、親指の向きを矯正することが出来ます。テーピングやサポーターについては、整形外科クリニックを受診し使い方のアドバイスを受けるという事も出来ますが、手軽に入手することが出来ます。クリニックで外反母趾であるとの診断を受け、治療のためにテーピングやサポーターを購入する必要があったと認められた場合であれば、それらの購入費用は医療費控除の対象となりますので、確認するようにしましょう。テーピングについては、巻き方が間違ってしまうと、意味がありませんので、正しい使用法を学ぶようにしましょう。

続けることが大切

足裏のアーチが崩れてしまうと、外反母趾の原因となります。外反母趾の症状を緩和するためには、足裏のアーチを取り戻すとともに、正しい歩き方を心掛けるようにしましょう。正しい歩き方に矯正することで、足の筋肉を鍛えることが出来ます。正しい歩き方としては、着地の際には膝が伸び切っている状態でつま先が上を向くようにします。その状態でかかとから地面に着地するようにしましょう。そして、足を蹴り出す時には、親指と人差し指のあたり、足の内側を意識して蹴り出すようにします。正しい歩き方をするためには、着地と蹴り出しの際の重心や足の動かし方に意識を向けるようにしましょう。すぐには効果が出なくても、続けることで効果を期待することが出来ます。

注目されている健康活動

ヒーター

温活とは体を温めることで健康を手に入れるという健康活動で、不妊症や病気の予防に効果的です。冷えを放置しておけば様々な体の不調の原因となることが多く、注意する必要があります。温活グッズの活用や食事に気をつけることをおすすめします。

高反発のマットレス

マットレス

高反発マットレスとは、適度な硬さで、体圧を分散し、通気性が優れているという特徴のあるマットレスです。このようのな形があることから、寝返りなどしやすいため腰痛や肩こりの改善につながります。選ぶ場合には長く使えるものを選ぶことがお勧めです。

女性特有の症状を改善する

ウーマン

女性特有の症状である生理痛や月経前症候群などは、女性ホルモンが分泌される量の減少が原因とされています。女性ホルモンを増やす方法にはイソフラボンやエクオールなどを摂取する他にも、産婦人科でホルモン剤を投与してもらうといったものが挙げられます。症状が軽い場合には、サプリメントなどを試してみましょう。